So-net無料ブログ作成
検索選択

その後の交渉は難しい?! [賃貸管理]

是非クリックを!

人気ブログランキング

前回の続きを。

次の入居のためにリフォームするのはいいのですが、その費用負担ですよね。
病気で亡くなられても、臭い等で壁紙等が貼り替えは必要です。
スケルトン近くまでしてからのリフォームでしたらかなり高額です。
基本は、相続人への請求になりますが、生活保護や年金暮らしの方でしたら、遠縁になりなかなかわからなかったりします。
分かっても高額の支払いのどこまで応じるかというのもありますし、実際、相続放棄されますと請求ができなくなります。
連帯保証人がいれば請求できますが、資金力にこちらも難しければ回収が難しかったりします。

ただリフォーム代は迷惑をかけたからという理由である程度前向きに検討していただけるのですが、問題は亡くなられた後の募集の事です。

そのことは、また次の機会に。

では、また!

クリックお願いします!

人気ブログランキング
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0